ED治療薬を選ぶならコスパや使い勝手のよいジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品(後発薬)は、飲み方や主成分、そして効果のメリットが先発薬を同等です。長期のED治療を行う場合は、経済的に負担がかかってしまう先発薬に比べ、安い値段で提供されている後発薬であれば負担が軽くすみます。

*

すこしでもEDの治療費をおさえたい!安さでED治療薬を選ぶならジェネリック

   

ED治療薬は快適なセックスを実現します。加齢によって減退した下半身を、若かりし頃のような逞しい状態へと改善します。EDは全ての成人男子を困らせます。

ED治療薬(新薬)の価格は1錠あたり1500円から2500円程

以前は妻と快適にセックスが出来ていたのに、最近は性的な刺激を受けても、下半身の反応が凄く鈍くなってしまった、という男性はED治療薬を試してみましょう。一応ペニスが勃起するのであれば、深刻なEDではない、とも言えます。

しかし、セックスが出来る状態になるので妻に、永遠とペニスを刺激してもらうのは忍びないものです。また男性としてその様子は少し辛いものがありますし、性欲は健在なのに勃起力が激減すれば、ストレスフルな毎日なるばかりです。

ただし、ED治療薬(新薬)は少しお高いです。専門性が高い医薬品という事もあり、価格は1錠あたり1500円から2500円程です。安い場合でも確実に1000円は超えます。

ジェネリックなら1錠あたり500円以下

リアルな話ではありますが、毎晩1000円以上のコストが、勃起に掛かっていては、流石に辛いと感じます。そこまでお金が掛かるのであれば、もうセックスはいいや、と感じる方もいるかもしれません。

しかし、今では価格が非常に安いジェネリック系ED治療薬があります。経済的な理由から潤沢なお金を、性生活に投資出来ない方も、ジェネリック系の製品であれば大丈夫です。

ジェネリック版であれば、一日あたりのコストが500円以下です。新薬とはデザインや色合い、そして販売する会社等に違いが見られます。しかし医薬品として最も大事な効果は同じです。

新薬とジェネリックは成分がほぼ同じ!同等効果が得られる

新薬とジェネリックは価格差こそ激しいですが、実は主成分が全く同等です。そのため、安価なジェネリック版でも、新薬と限りなく同一の効果が得られ、素早くペニスを勃起させられます。

安価とは言え、新薬と同じ主成分が同一量、含まれているため、費用対効果を意識するなら迷う事なくジェネリックをチョイスしましょう。ジェネリック版のED治療薬はインターネット上に置かれた個人輸入代行業者のサイトより取り寄せるのがオススメだ、と言われています。